コラム・学術情報

体温36.5℃を目指す温活

体温36.5℃を目指す温活

体を温めると免疫力が上がる

体温の法則

体温と免疫力は密接な関係があります。
ウイルスは寒いところで繁殖します。そのため身体が冷えていると、ウイルスが住み着きやすくなってしまいます。逆に体温が上がると血行がよくなり、ウイルスを死滅させやすくなります。
つまり、免疫力が上がるということです。

冷え性チェックリスト

□ 手足が常に冷えている

□ 便秘または下痢気味

□ イライラや不眠がある

□ やせにくい

□ 体温が36.0℃以下

□ 肩こり・腰痛がある

□ 激しい疲労感がとれない

□ 低血圧である

□ トイレで夜中に目が覚める

もし体温が1℃下がったら?

もし体温が1℃下がったら?

免疫力は37%低下

 風邪や病気にかかりやすく治りにくい

基礎代謝が12%低下

 代謝が低下し、1ヵ月で体重が1~2Kg増える

体力酵素の動きが50%低下

 栄養の消化だけなく、エネルギー生産量も低下

がん細胞は低体温を好む

 特に35℃を最も好み、39.3℃で死滅する


温活のカギを握るのは 皮膚温ではなく深部体温

身体の表面温度を「皮膚温」、内蔵など身体の内部の温度を「深部体温」といいます。
通常、脇の下などで測る温度は皮膚温になります。深部体温は個人では測りにくいですが、冷えを取り除くためにはこの深部体温を上げる必要があります。

知っておくべき理想の温活方法

 加熱(使い捨てカイロ・コタツ)

保温で補えない部分を、外部熱で温める。
手軽で体感しやすい ← → 芯まで温まらない

 保温(手袋・座巻)

上がった体温を保持し、熱を逃がさないようにする。
体温維持できる ← → 上昇できない

 体温上昇 (食事・運動)など 

体の中の熱を作り出し、体温を上昇させる。
体温上昇できる ← → イニシャルコストがかかる


健康な身体を手に入れるために適切な温活を心がけましょう。

手袋や腹巻は熱を逃がさないよう保温はしてくれますが、体温を上げることはできません。コタツやカイロなどは、一時的に表面の皮膚温度を上げるだけなのです。内部から体を温め、健康な体温を保つ、それが温活に大切なことなのです。


アムステルダム「ホグウェイ」を訪ねて

アムステルダム「ホグウェイ」を訪ねて

“認知症の人だけが暮らす村”として世界的に有名になった「ホグウェイ」は、アムステルダム市内から高速で40分ほどの田園地帯、2~5階の低層の建物が多い静かな雰囲気の街にあります。

入居者の尊厳を守り健康的な生活を目指す

カフェからの景色

ホグウェイは、認知症患者になるべく過去に近い生活を送ってもらい、人間としての尊厳を守りなら健康的な生活ができることをコンセプトに運営されています。

認知症患者は、以前と違う生活習慣になると混乱してしまい、結果として病状を悪化させることがあるという理由からです。

スーパーマーケット

そこで、施設の庭には低木が植えられ四季を感じるように配慮され、五感を刺激する構成で、敷地内は自由に歩き回ることができます。

また、今までと同じような生活が送れるよう、スーパーや劇場なども併設されています。

現在、187人の入居者中正しく数を数えられる人はわずか3~4名しかいませんが、施設内のスーパーで買い物を思い出せるなど、認知症改善につながるような工夫が行われています。

25年前から施設の改革に取り組む

お酒を楽しめるバー

以前のオランダにおける施設は、認知症患者を個室に入れて鍵をかけ、薬を与えたりベッドに縛り付けたりし、外に出さないようにすることが基本だったそうです。

25年前に、ホグウェイがそうした状況の改革に乗り出し、10年前に新しく建物を建て直し、現在のマネジメントスタイルになりました。ホグウェイのやり方は従来の方法と相いれないことも多く、行政、政府との闘いの連続だったようです。

非営利団体であるホグウェイの運営費は政府予算によってまかなわれ、利用料金は入居者の過去の年収に応じて決まります。所得の無い人は無料、高額所得者の最高月額80万円の利用料金は国庫にプールされ、施設の運営費として再配分されます。

ニーズに応えて認知症改善につなげる

施設内の劇場

部屋割りは、入居者本人にヒアリングを行い、過去のライフスタイルを参考にして、それに近い人たちを一つのグループ(5~6人)にし、部屋入口には各自の写真と名前を表示しています。また、飲食に関しては入居者の過去の嗜好に沿って用意し、お酒も健康や精神的な問題がなければたしなむことができます。

劇場は通常の街にある劇場に近い造りになっていますが、施設運営には費用がかかるため、何もないときは一般企業の会議に貸し出されており、レストランカフェは一般人にも開放されています。

施設内ではそれぞれに適した音楽が流れ、壁や道には名前をつけており、標識を設けて、入居者は自分が施設内のどこにいるか認識できます。さらに、ランドリースペースでは洗剤の香りを感じることができる他、今までと同じように劇場や美容院に通い、理学療法室や音楽鑑賞室などを自由に利用きます。週1回30分を超える娯楽費、美容室利用、カフェの飲食費、スーパーでの買い物料金は利用者負担です。

リビングダイニングキッチン

なお、理学療法室は毎日のケアのためにあるわけでなく、身体全体の様子を見るためにあります。日本では整骨院が老人であふれていますが、転んで骨折した後のリハビリのためなど、一部分の改善だけではなく、全身を見るために設置されているそうです。

また、キッチンや家具はカントリースタイルの明るい色に加えて、都会的なライフスタイルの人たちにはシックなつくりが用意され、コスモポリタンという海外経験のある方には食事なども工夫されています。


文章 吉野ひとみ(日本セルフケア研究会 理事)

「ウルトラ―マの有効性及び安全性に対する臨床研究」 が開始されました

ウルトラ―マが医療機器としての効果を得ることができるか臨床研究が開始され、「ウルトラ―マの有効性及び安全性に対する臨床研究」に関する特定臨床計画情報が公的データベースのjRCT(臨床研究実施計画・研究概要公開システム)にアップされました。


身体の健康を維持する超音波マシン

ウルトラーマに使われる30キロヘルツの超音波は、人間の耳には聞こえない周波数帯。超音波による優しい刺激を与えることで、健康を維持します。イルカが仲間と水中で交信するときに発する超音波と同等の微小な振動なので、体に負担がかかりません。


超音波マシンウルトラーマ(頭部)

超音波マシンウルトラーマ(頭部)

左右の前頭部(おでこ)に30キロヘルツ超音波音響振動子を装着します。左右の側頭部には音楽振動子を装着しています。

超音波マシン

超音波マシン

ウルトラーマ(ボディ)頭部のマシンと比較して約10倍の強度の超音波を腹部に当てます。0~最大までお好みの強度に調整が可能です。

製品仕様

商品名超音波頭部ウルトラ-マ
超音波ボディーウルトラーマ
形式Model UM-123
Model UM-124
出力周波数30kHz ±5%30kHz ±5%
超音波の瞬時最大駆動出力0~10mv0~100mv
音楽振動出力0~2mW0~2mW
モーターバイブレーション0.5w(特別仕様)
タイマー初期設定 10分/20分初期設定 10分/20分
モーツァルトの収納音楽セレナーデ/ディヴェルティメント/ドイツの舞曲の3曲セレナーデ/ディヴェルティメント/ドイツの舞曲の3曲
制御装置本体サイズ(幅)11cm×(高さ)19cm×(奥行)6cm(幅)32cm×(高さ)23cm×(奥行)7cm

※頭部の超音波マシンは、超音波の出力が4か所の特注品もございます。

秋田県の玉川温泉近くに「体調改善ハウス™」が令和元年 5月1日にオープンしました

体調改善ハウス

日本有数の湯治場として知られる秋田県仙北市の玉川温泉。そこから約15㎞の別荘地に、日本セルフケア研究会監修の「体調改善ハウス™」をオープンしました。

ここから玉川温泉に通ったり、バイオエスペランサやウルトラーマ(ヘッド・ボディ)、タップマスターなどの健康機器を活用し、効率よく⾧期滞在していただける施設となっています。